第1章 総則

(名称)

第1条
本会は大阪大学経済学部同窓会東京支部(略称:東京待兼会)と称する。

(目的)

第2条
本会は、会員相互の親睦を図り、母校との連絡を密にし、もって母校の発展に寄与することを目的とする。

(事業)

第3条
本会は前条の目的を達成するため、講演会、親睦会他各種事業を行う。

第2章 会員

(会員の範囲)

第4条
本会は大阪大学経済学部同窓会(以下「本部」という。)会則にて定める会員のうち、北海道、青森、岩手、宮城、秋田、山形、福島、茨城、栃木、群馬、さいたま、千葉、東京、神奈川、静岡、山梨、新潟、富山、長野の各都道県に在住もしくは勤務する者を会員とする。

第3章 役員

(役員と定数)

第5条
本会に次の役員を置く。
 会長  :1名
 副会長 :2名
 代表幹事:10名
 期別幹事:各卒業年次より1名
 監事  :1名


副会長、代表幹事、期別幹事については、必要があると認められる場合、前項の定数に若干名を補充することができる。

(役員の任務)

第6条
役員の任務は次のとおりとする。

  • 会長は、会務を統括し、外に対して会を代表する。
  • 副会長は、会長を補佐し、会長に事故あるときはその任務を代行する。
  • 代表幹事は、幹事会に出席して必要な事項の審議にあたるほか、本会の常務を管掌する。
  • 期別幹事は、代表幹事を補佐し、本会の事務連絡にあたる。
  • 監事は、会計の監査にあたる。

(役員の選出)

第7条
役員の選出方法は次のとおりとする。

  • 会長、副会長は、前任の会長、副会長の推薦を受け、幹事会で承認の上、総会にて選出する。
  • 代表幹事は、会長の推薦を受け、幹事会で承認の上、総会にて選出する。
  • 期別幹事は、各期会で選出する。ただし期会が機能していないときなど特別の事情あるときは、幹事会で承認の上、会長が委嘱する。
  • 監事は、前任の監事の推薦を受け、幹事会で承認の上、総会にて選出する。

(役員の任期)

第8条
役員の任期は次のとおりとする。ただし重任を妨げない。

  • 会長、副会長、代表幹事、監事:2年
  • 期別幹事:それぞれの選出母体たる期会で定める。


役員に欠員を生じたときは、幹事会の決議を経て補充することができる。補充される役員の任期は前任役員の任期の残期間とする。

第4章 総会

(総会の運営)

第9条
総会は本会の最高の意思決定機関であり、幹事会の決議に基づき、会長がこれを招集する。


総会の審議・決定事項は次のとおりとする。

  • 予算および決算に関する事項
  • 役員の人事に関する事項
  • その他本会の運営に関する重要事項


総会の議長は、会長がこれにあたる。


総会の決議は、出席者の過半数の賛成を要する。

(総会の開催)

第10条
通常総会は、2年毎に1回開催する。


幹事会において必要と認めたときは、臨時総会を開催することができるものとし、会長がこれを招集する。

第5章 会議

(会議の種類)

第11条
当会に、幹事会および事務局会議を置く。

(幹事会)

第12条
幹事会は会長、副会長および代表幹事を以て構成し、会務の執行に関する事項を審議決定する。


幹事会は会長が招集し、議長は会長がこれにあたる。


必要に応じ、会長は、期別幹事、監事ほか会員の出席を求めることができる。


幹事会の決議は、出席した構成員の過半数の賛成を要する。


定例幹事会は、年4回(原則として3、6、9、12月)開催する。


臨時幹事会は、必要に応じて、会長が随時招集する。

(役員および任務)

第13条
幹事会に、総務担当、会計担当および事務局長を置く。


総務担当幹事、会計担当幹事および事務局長は、代表幹事のなかから会長が委嘱する。


総務担当幹事は、本会の活動計画の立案および本会の各会議の運営、記録にあたる。


会計担当幹事は、本会の会計を管掌し、予算作成および決算事務にあたる。


事務局長は、総会、幹事会に関する事務全般を統括するとともに、事務局会議の議長として事務局の機動的かつ円滑な運営を図る。

(事務局会議)

第14条
事務局会議は、総務担当幹事、会計担当幹事、事務局長および代表幹事をもって構成し、懸案事項の処理、個別案件の立案、緊急案件の処理等を行う。


事務局会議は、会長の指示または会長の承認を得て随時開催し、議長は事務局長とする。


事務局長は、会議の結果を会長に報告する。

第6章 事務局

(事務局の構成)

第15条
本会に事務局を置く。


事務局に事務局長1名、事務局員若干名を置き、本会の事務処理および事業の実施に当たらしめる。


事務局員は、会員のうちから事務局長が委嘱する。


事務局員を委嘱したときは、事務局長は幹事会に報告する。

(専門部会)

第16条
第3条に定める各種行事の活性化のために、次の専門部会を置く。

  • 広報部会:会のホームペジ管理運営を中心に本会の宣伝に係る活動
  • ゴルフ部会:定例コンペの開催などゴルフを通じた本会の懇親に係る活動


専門部会は、事務局長がこれを管掌する。

第7章 会計

(会計)

第17条
本会の会計は、本部予算、寄付金その他の収入による。

(会計年度)

第18条
本会の会計年度は、毎年4月1日より翌年3月31日とする。

(予算および決算)

第19条
本会の予算および決算は、幹事会において年度ごとに審議し、総会の承認を要する。

第8章 雑則

(会則の変更)

第20条
本会の会則の変更は、幹事会で3分の2以上の賛成をもって決議し、総会の承認を得ることを要する。

(その他)

第21条
本会の会則の定めにない事項については、本部会則を準用し、本部会則にも定めなきときは、幹事会で審議決定する。

(改定の履歴)

1.昭和63年7月8日施行。
2.平成21年6月20日開催の総会決議により一部変更し、同日より施行。
3.平成24年6月2日開催の総会決議により全面改定し、同日より施行。