【7月10日(金)18:00 オンライン開催】第23回例会「地面師事件の真相~積水ハウスはどのように騙されたのか?」のご案内

例会部会からのお知らせ

東京待兼会事務局兼例会(勉強会)担当の閑林です。今回の新型コロナウイルス拡散防止のため延期しておりました第23回例会(久保惠一講師)をweb方式で行うことにいたしました。緊急事態宣言・東京アラートは解除されたとはいえ、三密を防ぐという事態は変わっておりません。学士会館は再開しましたが、そちらの阪大部屋は使用せず、web方式で開催したいと思います。このことにより皆様も自宅から、または職場から参加いただけるメリットもあります。コロナ後の展望を占う意味でも今回のweb方式での例会への参加をお願いいたします。今回無事に成功いたしましたら、今後も何回かに一回はこのweb方式を取り入れていきたいと思っております。なお、10月に延期されておりました当会の「春季懇話会」もweb方式で実施することが決まっております。

概要

テーマ

地面師事件の真相~積水ハウスはどのように騙されたのか?

講師

久保 惠一 氏(24期)

講師略歴

大阪大学経済学部卒
公認会計士、元大手監査法人パートナー
元中央大学大学院客員教授
大手信販会社の総会屋利益供与事件の社内調査
信用情報機関の個人情報漏洩事件の社内調査
東京2020オリンピック・パラリンピック招致に関わる海外支払の調査に関与

開催日時

2020年7月10日(金)18:00 ~ 19:00

参加費

無料

開催方法

リモートワーク等でその名を広めたWeb会議サービス「Zoom」を使用して行います。
ご参加にはカメラ・マイク機能のついたパソコン・タブレット・スマートフォンのいずれかが必要です。
参加希望者には別途専用URLをご案内しますので、以下フォームよりお申し込みください。

申込締切

2020年7月8日(水)17:00

お申し込みフォーム

●お名前 ※必須

●卒業期 ※必須不明な方はこちらをご参照ください

●電話番号 ※必須

●メールアドレス ※必須

●自由記入欄

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れて送信してください。